今日は日本の片隅で

投資とか、節税とか、日常で思ったことを綴ります

2018年度5回目のふるさと納税ー岩手県矢巾町

2018年度、5回目のふるさと納税を実施しました。

今回も利用したのはANAふるさと納税です。

というわけで、本稿では、2018年5回目のふるさと納税について紹介します。

納税先:岩手県矢巾町

今回の納税先に選んだのは、岩手県矢巾(やはば)町です。

1889(明治22)年に誕生した徳田村、煙山村、不動村という3つの村が1955(昭和30)年に合併して矢巾村となりました。

そして、1966(昭和41)年に、矢巾町となりました。

矢巾町の場所ですが、盛岡市の南に位置しております。

毎年2月の第1土曜日には、火難よけや無病息災を祈ってお互いの顔に炭をつけ合う「スミつけ祭り」と呼ばれる祭りが行われております。

このお祭り、約400年前から行われているそうです。

返礼品

さて、今回選んだ返礼品はこちら

(ANAふるさと納税のWebサイトより)

アサヒ スーパードライ 500ml缶の1ケースです。

これまで、スーパードライの返礼品は大阪府泉佐野市へのふるさと納税で頂いておりましたが、同市では350ml缶の取り扱いのみで、500ml缶はありませんでした。

今回、偶然にも500ml缶の取り扱いを発見したため、こちらを返礼品に選びました。

さいごに

さて、今回の返礼品ですが、今回も届け先を実家にしまして、両親に送りつけました(笑)

今年は、昨年の総ふるさと納税額の約73%をすでに納税しており、なかなかいいペースで予算を消化できていると思います。

ちなみに、6月が過ぎたので今年度の住民税の金額が確定しました。昨年比で見ると、毎月5,000円ほど負担が軽くなっていました。

収入が上がっているにも拘らず、住民税を減らすことができたのはコツコツふるさと納税してきた成果ですね。

それでは!